お問い合わせ・資料請求

災害に強い家の特徴とは?防災対策についてもご紹介します!

日本列島は、地震や台風、豪雨といった自然災害に見舞われやすい地域です。
家を建てる際に重要なことの1つが、災害に強い住環境の確保です。
家には単に居住する場所以上の役割があり、家族の安全な拠点である必要があります。
この記事では、災害に強い家の特徴や、日常生活の中で実施できる効果的な防災対策についてご紹介します。

□災害に強い家の特徴

災害に強い家を建てるためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。

1:災害リスクの低い土地を選ぶ

安全な住まいづくりの基本は、災害リスクの低い土地選びから始まります。
洪水、土砂災害、高潮、津波のリスクが低い土地を選ぶことが非常に重要です。
市町村が公表しているハザードマップや公共機関の調査結果を参考にすることで、リスクの低い土地を選びやすくなるでしょう。
特に、地震や洪水の危険度が詳細に示されたハザードマップは、土地選びにおいて非常に有用な情報源です。

2:地震に強い構造の採用

耐震性に優れた建築構造を選ぶことで、地震に強い家にできます。
建築基準法に定められた耐震性の基準を満たし、さらにそれを上回る強度を持つ構造を選択することが望ましいです。

3:災害時に役立つ設備の導入

太陽光発電システムや蓄電池、雨水タンク、電動シャッターなど、災害時にも生活を支える設備の導入は、安心感を高めてくれます。
日頃から万が一の事態に備えておくことが大切です。

4:耐震性で有利な間取り

シンプルな四角形に近い間取りは、地震時の破損リスクを減らします。
間取りが複雑な場合、建物の強度に悪い影響を与えるため、できるだけシンプルな構造を選ぶことが重要です。

5:建物の耐久性

耐久性の高い建材を選択することで、建物は長期間にわたりその性能を保ち続けられます。
例えば、外壁タイルは劣化しにくく、長期間にわたるメンテナンスコストを抑えられます。

□家でできる防災対策

住みながら行える防災対策も、災害時の安全確保には不可欠です。

*家の中の家具の配置を工夫し、固定する

地震時に家具が倒れないように、固定具を使用したり、避難動線を考慮した配置を心掛けたりすることが重要です。
特に重い家具や高い家具は、固定することで安全性が高まります。

*家に備蓄品を準備する

非常食、飲料水、生活必需品の備蓄は、災害時の自立を支えてくれます。
非常用持ち出しバッグを準備しておくことで、緊急時の避難もスムーズに行えます。

*家の近くの避難場所を確認する

災害発生時にすぐに避難できるよう、地域の避難場所を事前に確認し、家族間で共有しておくことが大切です。

また、保険に加入することも大切です。
地震保険や火災保険に加入しておくことで、災害後の経済的なリスクを軽減できます。
保険の内容をよく理解し、必要に応じて見直しを行うことも重要です。

□まとめ

災害に強い家づくりは、適切な土地選びから始まり、耐震構造の選定、災害対応設備の導入、間取りの工夫、耐久性の高い建材の選択まで、多角的なアプローチが必要です。
また、日常生活の中で行える防災対策も、安全な住環境を実現するためには欠かせません。
これらの要素を総合的に考慮し、災害に強く、安心して暮らせる住環境を整えていきましょう。

Top