28 アプローチは家の顔 - 新潟市の注文住宅ならフォルトーナ
お問い合わせ・資料請求

28 アプローチは家の顔

アプローチとは、道路から玄関までの通路をいいます。
訪れる人が最初に接する、住まいの印象を左右する家の顔ともいえる存在です。アプローチを設ける際の注意電を確認します。



■家の顔をどうつくるか
敷地の狭小化が進んだ昨今、アプローチを長くとることは難しくなっています。
とはいえ、道路からすぐ、玄関ドアでは興ざめですし、家の中が丸見えになってしまうのも困ります。
美しい街並みをつくるのもアプローチといえます。
各住宅が通りに対して気を配り、閉じすぎず、親しみやすいアプローチを心がければ、町の雰囲気はぐっと良くなります。

■玄関の位置
建物を敷地に配置するときは、北に寄せて建てるのが通常です。
玄関の出入り口を北ではなく側面に設けることで、90度に折れたアプローチとなり、落ち着きが生まれます。
敷地に余裕がない場合も、東や西に玄関をもお受けるなどの工夫も必要です。

■アプローチに必要な機能
道路と接する付近に門を設けない場合でも、表札、インターホン、郵便受け、照明など設備が必要です。
これらをセットにし、1か所にまとめると、使い勝手もよく見た目もスッキリします。


■カーポートと自転車置場
カーポートも車も介した一種のアプローチととらえることができます。
特に狭小な敷地では、はじめにカーポート決めてから間取りを行う必要があるほど、配置計画の決め手となります。
一般的に玄関ポーチの屋根を広くして駐輪スペースをつくるのが理想です。
Top