お問い合わせ・資料請求

吹き抜けの照明の失敗を防ぐために!おすすめの照明器具も紹介!

吹き抜け空間に照明を設置する際に失敗をしてしまうケースは少なくありません。
この記事では、吹き抜け空間での照明設置における一般的な失敗例とその回避策、さらにはおすすめの照明器具についてご紹介します。
より快適な空間作りの参考にしていただければ幸いです。

□吹き抜け照明の失敗例とその回避策

1.カタログスペックに囚われる
照明器具のカタログに記載されている明るさは、通常の天井高さに基づいています。
吹き抜けの場合は天井が高く、光が拡散するため、カタログ通りの明るさでは暗く感じることが多いです。
この問題を解決するためには、照明の数を増やすか、より明るい器具を選ぶ必要があります。

2.過度な明るさの追求
吹き抜けが暗くなることを過度に意識し、照明を多く配置すると、落ち着きのない空間が生まれます。
照明が目に直接入る状況は避け、間接照明を活用することで、心地良い明るさを実現できます。

3.配置のバランスを失う
吹き抜け空間だけに照明を配置すると、空間全体のバランスが崩れる可能性があります。
例えば、吹き抜けと廊下の照明を別々に配置すると、照明の数が多くなり、バランスが崩れます。
この問題を避けるためには、平面図だけでなく、実際の空間も確認することが重要です。

4.明るさのムラを生む
吹き抜け空間では、一つの照明だけでは明るさが均一にならないことが多いです。
照明器具の数を減らすと、逆に過ごしにくい空間が生まれる可能性があります。
明るさのムラを解消するためには、複数の照明器具を併用することが有効です。

□吹き抜け空間におすすめの照明器具

1.ペンダントライト
ペンダントライトは、天井から吊るされる照明で、デザイン性が高いものが多いです。
しかし、高い位置に設置するため、掃除や交換の手間がかかる点がデメリットです。

2.ブラケットライト
壁に取り付けるタイプの照明で、空間を上下に照らせます。
リビングだけでなく、玄関や階段の吹き抜けにも適しています。

3.スポットライト
スポットライトは、特定の場所に光を集中させる照明です。
全体照明ではなく、ソファやテーブルなどに光を当てられます。

4.ダウンライト
天井に埋め込むタイプの照明で、斜めの天井にも施工可能です。
ただし、交換には専門業者が必要で、費用もかかる点がデメリットです。

□まとめ

吹き抜け空間の照明設置は、一見簡単に見えても多くのポイントがあります。
この記事で紹介した失敗例と回避策、おすすめの照明器具を参考に、快適な吹き抜け空間を作りましょう。
失敗を避け、理想の空間を実現するための第一歩として、ぜひ参考にしてください。

Top