お問い合わせ・資料請求

中庭がある家のメリットとは?ポイントも併せてご紹介します!

近年は中庭がある家が注目を集めています。
中庭があることで家の中が明るくなります。
また、プライベートな空間である中庭でくつろいだり、お子様を安心して遊ばせたりできます。
今回は、中庭がある家のメリットや中庭を作るときのポイントについてご紹介します。

□中庭がある家のメリットとは?

1つ目は部屋が明るくなることです。
家づくりの際には、部屋の明るさも重要になります。
普通の作り方では、日が差し込みにくい部屋ができてしまうことがあります。

しかし、中庭を作ればどの部屋にも中庭からの光が差し込むようになります。
自然光が入る時間が少ない北側にある部屋にも、十分な光が差し込むでしょう。

2つ目は安心して楽しめることです。
もう一つのリビング、お子様を遊ばせる空間などが欲しい方には中庭がぴったりです。
コの字やロの字の家であればプライバシーを確保でき、お子様を安心して遊ばせられます。

3つ目は風の通り道を確保できることです。
春や秋などに窓を開けることで、空気が循環しやすくなります。
中庭は壁面が多くなるため、窓の数も増えます。
季節によって変化する風の通り道に合わせて、窓を開けることで年間を通して風通しの良い家になるでしょう。

□中庭がある家にするときのポイントについて

1つ目は生活動線を考えた間取りにすることです。
間取りによっては、中庭を中心に一周しなければならないこともあります。
リビングからキッチン、寝室からトイレなどの移動距離を考慮して間取りを決めましょう。

2つ目は排水場所を確保しておくことです。
排水場所がなければ、集中的に雨が降った際に中庭に水が溜まってしまいます。
中庭自体に水はけの良い床材を用意し、排水管を設置しましょう。
また、排水管も定期的に掃除することが大切です。

3つ目は窓の大きさにも配慮することです。
窓の配置や大きさが適切でなければ採光や風通しが良くなりません。
また、多くの窓を取り入れると耐震補強が必要になることがあります。

さらに窓が大きいと熱が逃げやすくなるため、断熱対策も必要になります。
これらのデメリットも考慮した上で、窓を検討しましょう。

□まとめ

今回は、中庭がある家のメリットや中庭を作るときのポイントについてご紹介しました。
中庭を作ることで部屋が明るくなり風通しも良くなります。
生活動線や排水場所、窓の大きさにも注意した上で、中庭を作りましょう。
家づくりでお悩みの際は、お気軽に当社にご相談ください。

Top