家にパントリーを設けるメリットが知りたい方へ!解説します! - 新潟市の注文住宅ならフォルトーナ
お問い合わせ・資料請求

家にパントリーを設けるメリットが知りたい方へ!解説します!

パントリーとは、キッチンに隣接した場所に設けられた収納スペースのことです。

パントリーと聞くと、ホテルや飲食店にある大きな食品庫をイメージされるかもしれませんが、実は一般の家庭にもパントリーは設けられています。

この記事では家にパントリーを設置するメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

当社施工例 キッチンの横からと玄関動線と結ぶと一層使い勝手が増します。

□家にパントリーを設けるメリットとは?

ここでは、家にパントリーを設けるメリットを3つご紹介します。

1つ目は、常温の食品をたくさんストックできることです。

パントリーを設ける最大のメリットは、調味料や食品のストックを大量に収納できる点です。

常温で保存できるものであれば、パントリーに収納できます。

また、調味料以外にも調理器具の収納スペースとしても活用できます。

2つ目は、オープン棚のため食品を探しやすいことです。

パントリーの場合は棚がオープンな状態になっているので、どこに何があるのかを一目で把握できます。

また、掃除や整理がしやすいところも嬉しいポイントです。

3つ目は、非常時に備えて買いだめできるところです。

パントリーを設けて収納をたっぷり確保することで、長期保存ができる食品を買いだめできます。

また、特売日に常備したいものもまとめ買いできるので便利ですよね。

□新築時にパントリーを設置するポイントをご紹介!

ここでは、新築時にパントリーを設置する際のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、キッチンのそばにパントリーを設けることです。

パントリーの基本の設置場所は、キッチンのすぐそばです。

なぜなら、調理に必要な食材や器具をすぐに取ったりしまったりしやすいからです。

しかし、勝手口がある場合はキッチンと勝手口を行き来する動線に設置することもおすすめです。

その場合、ゴミ出しがスムーズに行えるというメリットがあります。

2つ目は、扉をつけるかつけないかです。

パントリーには扉をつけないタイプと、扉をつけるタイプの2種類があります。

扉をつけないタイプは行き来がしやすいというメリットがあり、一方で扉があるタイプは生活感を排除できるというメリットがあります。

どちらもそれぞれ良さがありますので、自分好みのものを選びましょう。

当社施工例 キッチン横にパントリー

□まとめ

この記事では、家にパントリーを設けるメリットをご紹介しました。

パントリーは、食品のストックを収納できるメリットだけでなく、非常時に備えて買いだめができるというメリットもあります。

パントリーの設置を検討していらっしゃる方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

当社施工例 下がり壁はアーチに壁面はアクセントクロスでちょっとしたオシャレ纏いました

Top