お問い合わせ・資料請求

20-2 やっぱり便利な納戸

・納戸、押入れのつくり方

棚は、布団置き場と控除を無駄なく使うための吊り棚くらいにして、細かく造りつけずに手持ちのタンスや本棚を使用すれば十分です。
また、納戸ではなく、押入れを作ることも1つの方法です。
ただし、その場合押入れの襖は、開けたときに、上や奥まで見渡せるように作るとよいでしょう。
従来のような押入れの天袋は物が取り出しにくく、死蔵品を生みやすくなるからです。

・外物置きも忘れずに
生活を始めて少し月日が経つと必要を感じ始めてくる品々があります。
外物置きは、ある程度大まかに作っておいて、数年ごとに中身の見直しをすると、生きた使い方ができ、約に立つ物置きになります。

 

Top