お問い合わせ・資料請求

16-※ 浴室・洗面をどこに設けるか 番外編

洗面所が広いとこんなことも!! 
洗面台と洗濯機を置いて、残りは着替えスペースのみというのが大抵の洗面脱衣所のようです。
広さでいうと、2畳が一般的で、1.5畳大のコンパクトサイズもみられます。
しかし、前途のとおり実際には、洗面所には入浴と見繕い・着替え、洗濯それぞれに関わる物が必要なため、
洗面台下の物入れでは収まらず、吊り棚や隙間家具など間に合わせの収納でしのいでいることが多いようです。
そこで提案したいのが、洗面所に思いきって面積を割き、あらかじめ十分な収納スペースもつくっておくプランです。
こうすることで着替えや家事が随分とラクになります。
子育て中なら入浴後に体を拭いてやるにもゆとりですし、お年寄りなら ベンチに腰かけて着替えが可能。
窓も大きめに取ることができるため、入浴後の湿気がすばやく抜けて快適です。
Top