お問い合わせ・資料請求

入浴時のヒートショック対策

みなさん、こんにちは。



「ヒートショック」とは、温度の急激な変化で身体に起こる悪影響のことです。
これからの冬の時期(12月から2月)に増え、入浴時の事故や病気の大きな原因になります。

実は日本は、国際的に見て「入浴中の溺死や病気による死亡」が非常に多いことが指摘されています。
国際的ナデータと比較すると、日本は入浴中に亡くなる人がとても多いことが分かっています。



安全な入浴ポイント
1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう
2)湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安に
3)浴槽から急に立ち上がらない
4)アルコール飲用後や、食後すぐの入浴を控える
5)入浴する前に同居者に一声かけて、見回ってもらう
  入浴中に体調の異変があった場合は、すぐに対応することが重要です。
  ご家族などと同居している場合は、入浴前に一声かけてからお風呂に入ったり、
  家族が寝ている深夜や早朝の入浴は控えるなどの対策が勧められています。

Top