お問い合わせ・資料請求

初、両国国技館5月場所を見てきました。

初めて、相撲を見てきました。場所は両国国技館5月場所

最近、相撲は全くと言っていいほど、興味も関心も無くて、まさか、こんな機会に恵まれるとは!!!

(以前は千代の富士関や貴乃花関が活躍している頃はよく見ていました)

そんな中

チケットが当たるかも?しれませんから、と遊び半分で応募

すっかり忘れた頃に、5月場所チケット当たりました!!!という連絡を頂きまして、

行ってきました「両国国技館」

両国駅に降りて、国技館に向かって歩くと、横綱の絵や手形等が駅に飾らておりました。

両国駅にはこのような展示がございます!

手形を拡大してみました

個人的に大好きな「千代の富士」関の絵も飾ってました!!!

千代の富士関です。当時はウルフと言われておりました。モデルの秋元梢さまのお父様です。

国技館には、朝から入れるらしいのですが、私は15時頃から観戦すべく、初国技館を堪能しておりました。

丁度、白鳳関の引退も重なり、白鳳関展が開催しておりました。

それと、館内では売店に元関取の方々がお店等で、一般のお客さまにファンサービスをしておりました。

中でも、スィーツ親方と館内で出店があり、その親方はあの千代の富士関と好取組を演じた、横綱「大乃国」関がスィーツ親方として、写真撮影等のファンサービスに対応していました。

私も、是非1枚と思いましたが、さすがスィーツも買わずに写真だけという訳にもいかずに断念致しました。

試合は土俵から3列目という事もあり、迫力満点、ぶつかる音や力士の表情から、土俵に倒れた時の痛さが伝わってきます。

こんなに前で見ておりました。

ここで、思ったのは土俵際で踏ん張って、土俵から落ちたり、一緒に倒れたり、あるいは観客席までなだれ込んだりすると「怪我」をするんだ!!!

テレビで見ていても(なんであきらめるんだ)(もう少し粘れよ)とか、我々素人は勝手ながら好きな事を言ってますが、やはり勝負事ゆえにそれ相応のやり方があると思いました。

下手に怪我をすると、力士人生にも影響が及びます。変に納得しました。

人気の若隆景関、場内の拍手で大盛上がりでした。

さて大相撲、初観戦でしたが、私の個人的な感想としてはプロ野球、サッカー、自動車レースはテレビの方が良くて、土俵から近かった事もあり相撲は現地にて観戦できた事は何よりでした。

Top