常温注意の野菜 - 新潟市の注文住宅ならフォルトーナ
お問い合わせ・資料請求

常温注意の野菜

みなさん、こんにちは。

今日も雨ですね。洗濯物が乾かず、今年こそは除湿器を買おうかと思案中です。



梅雨に入ると温度や湿度がぐんと高くなり、食品の保存にも注意が必要な時季になります。
気温が低いときは常温でOKな野菜でも、梅雨どきになると傷んでしまいます。

いつもは常温で保存できる野菜でも、梅雨どきは冷蔵庫を使うなど、鮮度を保つ工夫が必要です。

ジャガイモ、サツマイモ、さといもなどのイモ類は乾燥を防ぐため新聞紙で包みポリ袋に入れて野菜室で保存します。
タマネギやニンニクは湿気に弱いので、湿度の高い野菜室ではなく、新聞紙に包んで冷蔵室へいれましょう。
ニンジンやダイコンは乾燥にも湿気にも弱いので、野菜室に入れるかしっかり包んで冷蔵室で保存します。

雑菌が繁殖しやすい肉・魚と野菜は離して保存するようにしましょう。
また、冷蔵庫に入れるときは野菜が傷つかないように丁寧に。
万が一傷付くと そこから酵素が出て変色・劣化が進む原因になります。

冷蔵庫に入れればいつまでも保存できるわけではありませんので、
数週間も置かず、なるべく早く食べるのが賢明です。
Top