お問い合わせ・資料請求

エアコンは「冷房」と「除湿(ドライ)」どっちがお得か

みなさん、こんにちは。

今日は梅雨の晴れ間です。
ここ最近の雨で 部屋干しも乾かず そろそろエアコンの出番でしょうか。

エアコンには「冷房」と「除湿(ドライ)」がありますが、どちらが電気代がかかるでしょうか...


「冷房」は部屋の温度を下げることを目的をした機能です。
室内機と室外機をつなぐ配管の中を循環する冷媒が熱交換器をとおして室内の熱を奪い、
冷えた空気を室内に戻すことで室温を下げます。
室内の空気中の水分(湿気)を排出することになるため、冷房も除湿を兼ねていることになります。

いっぽうの「除湿」は温度を下げることを目的とした機能です。
冷房が素早く室温を下げることを目的としているのに対し、除湿は湿度を下げることを一番の目的と
しているため、急激に部屋を冷やさないよう「弱冷房」で運転して湿度をさげます。


エアコンの「除湿(ドライ)」には もうひとつの除湿「再熱除湿」というものがあります。
弱冷房除湿は部屋を冷やしながら除湿しますが、再熱除湿は冷やした空気をエアコン内部で
あたためなおしてから送風します。
この機能がより多くの電力を消費する点がデメリットとなります。

結果
電気代が安いほうから
1、弱冷房除湿 → → 2、冷房 → → 3、再熱除湿 という順番になります。
Top