お問い合わせ・資料請求

ヨーグルトについていたアレ

みなさん、こんにちは。


ゴールデンウィーク いかがお過ごしでしたか?


ふと、ヨーグルトを食べているとき思ったこと
昔のヨーグルトって砂糖って付いてましたよね。
砂糖っていっても、柔らかい粒のようなお砂糖 ←意味わかります?💦
「フロストシュガー」といい、グラニュー糖を特殊加工して作られたものなんです。

フロストシュガーはヨーグルトだけでなく、お菓子やパン作り、またグラニュー糖の
約3分の1の時間で冷たい水に溶けるため、飲料用に広く使われています。
他にも、湿気に強く固まりづらい、食品の香りを保持する、他の粉類と
混ざりやすい、泡が立ちやすいといった特徴を持っています。


このフロストシュガーがヨーグルトにつかなくなったのは2008年ごろ
大手3社ともに砂糖の添付を終了したそうです。
その理由...(-_-)
「砂糖が余ってしまう」 そのまんまですね..💦

今は市販のジャムやフルーツソースの種類が豊富なので
ヨーグルトの食べ方もバリエーションが増えてきたんですね。
あと、健康志向の高まりから、カロリーを控えめにするため
何も加えずに食べる人が多くなってきたのでしょうか(^^♪
Top