お問い合わせ・資料請求

入眠セレモニー

みなさん、こんにちは。



お盆明け 暑さもやわらぎ 寝苦しい夜が終わった~♪ と思っていたら
また台風の影響でフェーン現象 寝苦しい夜が復活しましたね(-"-)


質のいい眠り
覚えておきたい”入眠セレモニー”ご紹介します(´▽`)♡

1、自分流の入眠儀式を持つ
  寝つきが悪いという人は、自分だけの眠りのおまじない=入眠儀式を持ちましょう。
  お気に入りの写真集や絵本を見る、音楽を聴く、アロマを嗅ぐ...。

1、手足を入念に温める
  手首や足首が少なく、温まりにくい部分です。
  シャワーだけで済ませず入浴をしてしっかり温めましょう。

1、深部温度を下げる
  人の体には、皮膚温度と深部温度(内部の温度)の2つの体温があり、皮膚温度が上がって
  深部温度がさがると眠くなるようになります。

1、深い呼吸を覚える
  「鼻から4秒息を吸って、6秒かけて口から息を吐く深い呼吸」 4・6呼吸法

1、ルームウェアとパジャマを区別する
  ルームウェアだと寝具との間に不必要な摩擦が生じて寝がえりを打ちにくくなるので
  締め付けかんのないパジャマの着用が欠かせません。




人生80年として 1日8時間睡眠をとっている人なら 生涯のうち25年以上は睡眠に充てていることになります。
毎日の睡眠の質は 人生そのものに影響してきますね。

眠っている間は何もできないムダな時間ではなく 健康とキレイを大切な育む時間です(´▽`*)

Top