お問い合わせ・資料請求

インフルエンザ予防は緑茶と歯みがきで!

みなさん、こんにちは。

年明けから インフルエンザの猛威です"(-""-)"
息子くん、娘ちゃんの学校からは注意喚起と学級閉鎖のお知らせメールが毎日届きます。

みなさんも十分 注意してくださいね。

インフルエンザの予防と言えば ひと昔前は「家に帰ったら、手洗い・うがい」でしたよね。
しかし...「うがいに関しては、予防効果があるかハッキリしておらず、既にやっている人は続ければよいし、
わざわざ始めるくらいなら不要です。」 なんですとΣ( ̄□ ̄|||)?!


インフルエンザウィルスの侵入経路は【喉の粘膜】です。
喉の乾燥を防ぎ、粘膜上から異物を排除する繊毛の働きを高める。という点ではうがいは効果的
のはずですが、効果ありの立証までできなかったのでしょうか...

インフルエンザウィルスが喉の粘膜についてしまったら、数分~最長でも20分以内に洗い流さないと、
体内に侵入してしまいます。
2006年「水より緑茶でうがいしたほうがインフルエンザ感染予防効果が高い」との成果を発表しています。
しかし、2014年に行った実験では「1日3回の緑茶うがいは、水で行うより有効という有意な結果は得られなかった」

それでも、実は緑茶はオススメなんです( *´艸`)♡
そもそも、喉の粘膜を潤し、ウィルスを侵入前に洗い流す目的なら、うがいの後に吐き出さず飲み込んでも良いはず。
胃に入ってしまえば、インフルエンザウィルスは胃酸で退治できます。
プラス 口の中をできるだけ清潔に保つことが、インフルエンザ感染を防ぐのです('ω')ノ

さらにプラス! 外出時にはマスク着用です。


着用したマスクは 外側を内に折り小さく折りたたんで捨てましょう。
広げたままでは 残っているウィルスが飛散するかもしれませんよ。

帰宅後は マスクを外して適切に処分してから、しっかり手を洗い、緑茶を飲みましょう
Top