スーパーウォール気密測定

昨日、新潟市中央区の現場にて、スーパーウォール住宅の気密測定を実施しました。

決まってスーパーウォール住宅は、工事中に気密測定をするのが決まり事です。

測定士さんが気密測定器を設置作業中に我々は6名が各々「気密テープ」「ウレタン」「コーキング」を手に目に見ない隙間を塞いでいきます。

特に窓廻りは念入りに行います。

今回は家が大きく、屋根裏部屋やルーフバルコニーにオーバーハング部分もありますし、間取りも四角の家ではなく、コの字のお家になってます。

その上、準防火地域ですので、サッシも樹脂サッシと言う訳にも行かずに複合サッシです。

さらに、引違の窓も複数あって、スーパーウォール住宅と言えども心配でしたが、

 

測定開始 1回目は C=0.40㎠/㎡ 「ほっ」と胸を撫で下ろし、

 

また、測定機で内部の空気を引っ張りながら、わずかに感じる気流の流れを見つけ出して、

 

その隙間をしらみつぶしに塞いでいく。

 

おじさん6名がこの暑い日がに、お家の窓を全部締め切った中、各々が針の穴を探すように作業に取り組みます。

 

1回目の測定から約1時間半後に再測定

 

2回目の結果は Ⅽ=0.38㎠/㎡

 

一同、ほっとするも?

 

もう。一回行きましょうと私、

 

また、おっさん6名で同じ作業の繰り返し、

 

3回目は測定士さんも、さらに細かく目に見えない「隙間」を探しに参加して、

 

また、さらに1時間半の作業時間をかけて測定を開始

 

全員が測定器に群がり、数値を見てると今回は

 

Ⅽ=0.37㎠/㎡

各種データです。Ⅽ値は0.37です。余談ですが、弊社のⅭ値レコードは0.17この記録は未だに新潟県でNO,1だそうです。

各種データです。Ⅽ値は0.37です。余談ですが、弊社のⅭ値レコードは0.17この記録は未だに新潟県でNO,1だそうです。

72坪弱(屋根裏部屋、バルコニー部分は除く)で建物の外皮実質延床面積は約90坪ああるお家で、家中の全部の隙間は10.48㎝×10.48㎝=約110㎠

つまり、ハガキ一枚より小さい隙間しかないと言う事です。

 

俗に言う高気密の括りはⅭ=2.0㎠/㎡なので

 

その他は概ねⅭ=1.0㎠/㎡を切れば「おっ!いいじゃん」という感じなので、

 

良かったと思います。

 

以前、防火地域で同じようにスーパーウォール住宅で気密測定して、Ⅽ=0.5㎠/㎡を切るのに苦労した思い出があって心配でしたが、

 

安心しました。

 

これから、今度は太陽光発電工事にかかります。

 

来月から、また、大工さんを増員して進めて行きます。

屋根裏部屋です。今回はちょっと違いますよ?

屋根裏部屋です。今回はちょっと違いますよ?

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。