>お問い合わせ・資料請求

デザイン×暮らしやすさ×コンパクト

… CASE …

 約30坪の土地に立つ白い三角屋根の家。ご主人の実家の敷地内にあるため、広さこそ制限があったが、無駄のない間取りと十分な収納で、快適な住まいを実現。1階はLDKのみの間取りで、リビング階段を中心に回遊できるように設計した。

 収納面については、玄関にあるオープンなシュークローゼット、リビングの天井までの収納棚、さらに階段下のスペースを利用した食品庫など、分散収納を徹底。すっきりとした空間と、暮らしやすさを実現させた。

 白で統一した壁や天井に淡色の無垢材を使うことで、明るく軽やかな印象に。リビングには桜、階段のステップにはパインを使用。その中でも、アイアンの手すりと柱につけられたアンティーク長の時計が空間のアクセントになっている。