>お問い合わせ・資料請求

「風」と「ひと」の通る道

… CASE …

 アイアンの階段が目を引くリビングルーム。まるでオブジェのように見えるのは、階段がステップと枠だけで構成され、階段下を含めて、ほかに余分なものがないから。隅々まですっきりとしているのは、見せるところ、見せないところとを分け、バックヤードをしっかりと充実させたから。

 具体的には、収納は階段下の後ろに集中させ、また外部収納や小屋裏収納を設けたことで、使う頻度や季節に合わせて、分けて仕舞うことができるようになっている。Nさんは「家ができあがってから、収納家具をほとんど買う必要がなかった」と喜んでいる。

 もう一つのポイントは空気の流れ。階段が空気の通り道となって、1階から2階の窓へ、風の流れが気持ちいい。さらに冬は1階の床暖房の暖気が自然に2階へとのぼって家中に広がる。 風の通り道を計算して設計するのが、フォルトーナの流儀。N邸でも、風の流れとデザイン性が自然に同居している。